バス事業生産性向上システム

「バス事業生産性向上システム」とは

事業の見える化による業務改善

「バス事業生産性向上システム」は中小規模バス事業者向け事業データ管理システムです。バス運転士の労務状況の管理・改善は社会的影響も大きく、バス事業者にとって生産性向上の重要な課題となります。

さらに人材不足による閉塞状況を打破するには、人員の確保と安心して働ける会社・業界に生まれ変わる必要があります。

本システムでは社員の勤務状況の把握、教育や事故履歴などをまとめて管理することで、各社員への指導や評価を効率的に行い、事業の見える化によって業務改善へとつなげることが可能となります。

「バス事業生産性向上システム」の主な機能

■社員情報(基本情報・職務・面談・評価・教育・事故)登録・履歴管理機能
■業務日報管理機能
■アルコールチェック機と連動した出退勤記録
■複数営業所対応・班構成構築対応
■勤務実績明細機能、勤務項目別集計機能

「バス事業生産性向上システム」でバス事業を見える化する

バス事業が見える化できる

道路運送法の事業許可に基づくバス事業では、様々な法令だけでなく自社基準に基づく管理と運用が必要になります。

例えば、手書きの帳票や表計算ソフトによる社員情報の管理では、情報管理が分散され、情報更新の遅延やミス、行政監査への対応に時間がかかるなど、業務生産性が極めて低いことが指摘できます。

本システムでは、社員情報の一元管理を行うことで、毎日の点呼やアルコールチェックの結果、健康状態や労働時間の情報、さらに法定で定められた運転士の教育履歴や事故履歴などが、複数の営業所をまたいで一括して管理することができるようになります。

社内LANまたはクラウドにより、人事担当、運行管理担当、教育担当者、評価担当、経理担当、総務担当、経営者らが情報を一元的に運用することで、はじめて「バス事業が見える化」されるのです。

「バス事業生産性向上システム」概念図

データベースにデータを一元管理し、ネットワークを介し複数支店・営業所で利用する事か可能。システムはログイン管理を行う事でセキュリティーを確保しつつ、利用者によって使用可能な機能を制御し、利用者毎に必要な情報を効率的に見える化を行えます。

テレワーク環境

社外からのリモートデスクトップ機能又はVPN機能を利用することで、利用者である社員が自宅等からの直接システムを利用することが可能です。営業所間の物理的移動削減や、自宅からの遠隔利用によるシステム利用により、テレワークを促進することで生産性向上に繋がります。

「バス事業生産性向上システム」システム効果例

対象 課題 ソリューション 解決
事業者 ・運転士の労働実態がわからない
・なぜ残業代が多い運転士と少ない運転士がいるのかわからない
システムによる情報の一元管理

労働時間・運行ダイヤの見える化、偏り状況や
不平等状況などが判明

最低条件や平均化、平準化するダイヤの作成、
交番の実施支援
保冷、労基を遵守、効率的で無駄の少ない運行計画の策定、平準化された適切な人材配置(交番)
運転士 ・給与が不安定
・いくらもらえるかわからない
毎月の給与が安定する
労働の偏りがない
働きやすい会社と思える

ソフトウェア・ライセンス価格

本システムはソフトウェアとサブスクリプション形式での販売となり、1ライセンスに対し1年のライセンス費用が必要となります。

対象 価格(税抜き)
ソフトウェア ¥1,800,000-
1ライセンス(1年) ¥192,000-

© 2020 株式会社ビッツファクトリー